充血くんの日日是好日

30代おっさんの日々のあれこれを綴っていきます〜

充血くんのtotoを本気で当てにいく1回目!!

どうも、充血くんです!!

 

今回は本気でサッカーくじtotoを当てにいきたいと思います!!

年間50試合ほどイングランドプレミアリーグを観戦する充血くんが、独自の切り口で大胆予想していきます♬

過去の戦績や、現在のチーム状態をチェックして目指すぞ1等1000万!!!!

f:id:juuketsukun:20200308093720j:image

チャレンジするのは3月7日、8日に行われる第1158回です。

Jリーグが新型ウイルスの影響で延期のため欧州リーグの予想となります👊

舞台はドイツのブンデスリーガイングランドプレミアリーグ!!

目次

1試合目 バイヤー・レバークーゼンVSアイントラハト・フランクフルト

ブンデスリーガはすでに今シーズン23試合を消化していて、現在レバークーゼンは5位、フランクフルトは12位となっています。

フランクフルトには日本の準レジェンドの長谷部と頭角を現しつつある鎌田が在籍してます!

過去5戦の対戦成績はレバークーゼンの3勝2敗とほぼ互角でお互い苦手意識があるわけではないと。

直近5試合の成績は、ホームチームは(ホームチームはVSの前に記載のチーム)4勝1敗、ELもポルトに勝利で16強入り。

フランクフルトは2勝2敗1分。ELも好調でザルツブルクに勝利で16強入り。

フランクフルトは5日のカップ戦対ブレーメンで鎌田も得点し、2対0で勝利。

レバークーゼンカップ戦対ウニオン・ベルリンで苦しみながら相手が1人退場後3得点し逆転勝利。

レバークーゼンの神童レオン・ベイリーが好調を維持してるため若干有利かな。

ってことでホームチームが有利な気もしますが、、、うーん、「ドロー」で。

2試合目 ヘルタBSC VS ヴェルダー・ブレーメン

現在ヘルタが14位、ブレーメンが17位。直近5試合はヘルタが1勝2敗2分、ブレーメンはなんと5敗。ブレーメンは大迫が出場機会を得られていますが、4ヶ月ノーゴール。一方ヘルタへミランから加入したピョンテクは前節1ゴールとヘルタが有利と思われますが、、、「ドロー」で。

3試合目 VfLヴォルフスブルク VS RBライプツィヒ

現在7位と2位の上位対決!直近5試合がホームチームは3勝2分、アウェイチームが2勝3分とどちらも好調を維持しています。

ヴォルフスブルクは前試合ELマルメ戦(フォルクスワーゲンスポンサー対決)は3発快勝、

ライプツィヒはCLトッテナム戦はヴェルナーがPKを沈めて1対0勝利。

ウパメカノが怪我なく出場できているため堅守、フォルスベリ、シック、ヴェルナーの1試合平均2.5点取る攻撃陣が強力なアウェイチームが有利な気がします、、、が「ドロー」で。

4試合目 シャルケ04 VS ホッフェンハイム

6位対8位のこちらも来季のCL、ELを目指す戦い!

直近5試合はホームチームが2敗3分、アウェイチームが1勝3敗1分とどちらも振るわず。

前節ホッフェンハイムバイエルンに0対6と大敗、また試合中にバイエルンサポーターがホッフェンハイムのオーナーを侮辱するチャントがあり、中断するハプニングが発生とメンタル的にも堪えている状態、厳しい戦いになりそう。対するシャルケも前節、昨シーズン最下位のケルンに0対3の完敗。

予想は自信を持って「ドロー」。

5試合目 ボルシア・メンヘングラードバッハ VS ボルシア・ドルトムント

現在4位対3位の一戦。このカードは過去5戦ドルトムントが5戦5勝と相性の良さが際立っている。直近5試合でいうとホームチームが3勝2分、アウェイチームが4勝1敗、どちらも好調で、ハーランドはドルトムントで7戦9発と怪物ぶりを今節も発揮できるか!?

ホームチームも首位から4位に順位を落としているものの勝てる見込みは充分ある。

予想は難しいが、、、ド、「ドロー」で。

6試合目 SCフライブルク VS ウニオン・ベルリン

現在9位対10位のEL権を争う戦い!

バイエルンVSホッフェンハイムに続きウニオン・ベルリンも過激ファンによる暴走行為で試合中断しており、雰囲気は良くないぽい。

直近5試合はホームチームが1勝3敗1分、アウェイチームが2勝2敗1分とどちらもいまいち。

アウェイチームは5日のカップ戦対レバークーゼンで試合を優位に進めていたものの、70分に1人退場後立て続けに3失点で逆転負け。

気持ち的にも完全に落ちているはず。

前節のいざこざを考えるとフライブルクが有利な気がするが、「ドロー」で。

7試合目 リバプール VS AFCボーンマス

王者リバプールは前節まさかのワトフォードに0対3の敗戦、続けてFAカップチェルシーに0対2と公式戦連敗中!!

とはいえ過去5戦の対戦成績はリバプールが5戦5勝、一方ボーンマスは現在下位ながら前節チェルシー相手に2対2のドローに持ち込み復調の兆しが見られる。

ただ力の差は歴然と思われ、ホームチームが圧倒的に有利だと思われます、が、「ドロー」っと。

8試合目 サウザンプトン VS ニューカッスル・ユナイテッド

現在順位は13位と14位となります。

両チームの相性という点では、ニューカッスルが過去5戦3勝2分と得意としています。

直近5試合はホームチームが2勝3敗、アウェイチームが2敗3分。

アウェイチームは4日に行われたFAカップ戦、対WBAは3対2で勝利。

この勢いのままサウザンプトンを下し順位も抜く可能性は充分にあると思われます。

予想はアウェイチームが有利だとおもわれますが、「ドロー」ですね。。

9試合目 バーンリー VS トッテナム・ホットスパー

現在の順位は9位と7位、直近5試合はホームチームが3勝2分、アウェイチームが3勝2敗。トッテナムが直近2試合でチェルシーウルヴァーハンプトンに連敗中。また得点源のハリー・ケインと孫文民を今節も欠場となるため、難敵バーンリーに立ち向かうには厳しい状況だと思います。

また、5日に行われたFAカップ戦、対ノリッジ・シティPK戦まで戦い敗れたトッテナム疲労困憊、試合後ダイアーが自サポーターに野次られたと思いスタンドに怒鳴り込んだとの報道もあり、雰囲気も良くない状態。

予想としてはホームチームが有利な「ドロー」ですね。

10試合目 アーセナル VS ウエストハム・ユナイテッド

現在10位と16位の対戦。

これは一言だけ。アーセナル勝利。

11試合目 シェフィールド・ユナイテッド VS ノーウィッチ・シティ

8位と20位の対戦です。

最近対戦成績はホームチームが3勝1敗1分と得意としているカード。

直近5試合はホームチームが2勝1敗2分、アウェイチームが1勝3敗1分。

5日に行われたFAカップ戦シェフィールド対マンチェスター・シティは0対1での敗戦となり、中3日での今節は肉体的、精神的にも厳しさがあるはず。

そのため、予想は「ドロー」。

12試合目 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ VS ブライトン&ホーヴ・アルビオン

6位対15位の対決!

過去5戦の対戦ではアウェイチームが3勝2分とお得意様のよう。

直近5試合はホームチームが2勝1敗2分、アウェイチームが3敗2分。

ブライトンがウルヴズを得意をしているが、トッテナムに勝ち、レスター、ユナイテッドに分けているウルヴスがこの勢いのまま勝利をもぎ取りCL圏内に入り込めるか!?

一方ブライトンも負ければ降格圏に突入する可能性が大きく、プレミア特有の降格圏ブーストが発動し普段以上の力が発揮するか!?

ってことで、予想は「ドロー」で。

13試合目 クリスタルパレス VS ワトフォード

現在順位は12位と17位。直近5試合はホームチームが2勝3敗、アウェイチームが1勝3敗1分と数値だけ見るとホームチーム有利に見えるが、前節ワトフォードは最強リバプールを3対0でフルボッコ。降格圏チームのブースト発動で今節も侮れない。イスマイラ・サールが2得点と好調を維持できるかがカギ。

クリスタルパレスはザハの出来が勝敗を左右する筈で、前節ブライトン戦も再三決定機を作られて辛勝と、いまいち波に乗れていないことを考えるとアウェイチームの連勝が可能性大か!?

ということで、ワトフォードが有利寄りの「ドロー」で。

 

予想まとめ

ということで、今節充血くんの予想結果は0、0、0、0、0、0、0、0、0、1、0、0、0となりました!!

優柔不断!?いやいや、ドローを軸に考えると案外当たるかも!?

みなさんも是非チャレンジしてみてください!!

スポーツくじ「toto」|楽しく予想して高額当せんのチャンス!