充血くんの日日是好日

30代おっさんの日々のあれこれを綴っていきます〜

充血くんのtotoを本気で当てにいく2回目!!

どうも、充血くんです!!

 

今回も本気でサッカーくじtotoを当てにいきたいと思います!!

年間50試合ほどイングランドプレミアリーグを観戦する充血くんが、独自の切り口で大胆予想していきます♬

過去の戦績や、現在のチーム状態をチェケラして目指すぞ1等1000万!!!!

チャレンジするのは3月14日〜16日に行われる第1159回です。

今回も舞台はドイツのブンデスリーガイングランドプレミアリーグ!!

f:id:juuketsukun:20200308084533j:image

目次

1試合目 ボルシア・ドルトムント VS シャルケ04

現在2位と6位の対戦。

今季2度目のルールダービー

前回はスコアレスのドロー、その後ドルトムントは冬の移籍市場で怪物ハーランドを獲得し、波に乗り首位と4ポイント差の2位。

直近5試合も4勝1敗と好調をキープ。しかし、12日のCL対PSG戦は0対2の敗戦、敗退と、エレム・カンの退場で雰囲気は悪化していると予想。

一方のシャルケも直近5試合の成績が3敗2分と振るわず、トップスコアラーのスアトが欠場濃厚で、ドルトムントより休養期間が長いことのみがアドバンテージになるか。

ということで予想は若干ホームチームが有利ながら「ドロー」で。

2試合目 RBライプツィヒ VS SCフライブルク

現在3位と8位の対戦。

最近5試合の直接対決はアウェイチームが3勝2敗と勝ち越していますが、ライプツィヒはホームでは3勝負けなし。

直近5試合の成績はホームチームが3勝2分、アウェイチームが2勝2敗1分。

11日に行われたCL、ライプツィヒトッテナムは相手に何もさせず3対0の完勝、ザビッツァーが2得点、フォルスベリが交代後ファーストタッチでゴールと攻撃陣、守備陣が好調。フォルスベリは今季途中出場が多いが、結果を残しておりチーム内の雰囲気も良さげ。

終盤のウパメカノの爆走シーンで相手DFとの接触時、肩を強打したのが心配か。

一方フライブルクは前節ウニオン・ベルリン戦勝利後、1週間あけての今節と休養も充分のはずで、来季のEL圏に向けてライプツィヒに挑む力は十分にあるはず。

ということで、予想としてはホームチームが有利な「ドロー」。

3試合目 ホッフェンハイム VS ヘルタBSC

現在9位と13位の戦い。

最近の直接対決はホームチームが2勝3分と相性が良い。

ただ、直近5試合の内容はホームチーム3敗2分、アウェイチームが1勝2敗2分とどちらも下降気味。

ホームチームはクラマリッチが出場できるか微妙で、ヘルタも1試合平均得点1.28点とロースコアゲームになりそう。

ということで予想は「ドロー」。

4試合目 FCケルン VS FSVマインツ05

現在10位と15位の対戦。

ケルンは直近5試合で3勝2敗。

その2敗もメンヘングラードバッハとバイエルンと上位陣の負けと、まずまずの成績。

今季昇格組としては上出来で、下位チーム対決で取りこぼしが少ないため、今節も勢いを持続できるか。

マインツも直近5試合は2勝1敗2分とまずまずだが、失点数が1試合平均2.12点と守備陣がピリッとしないのが気になるところ。

ということで、予想はホームチームがだいぶ有利な「ドロー」。

5試合目 ウニオン・ベルリン VS バイエルン・ミュンヘン

現在11位と1位の対戦。

圧倒的王者バイエルン。普段プレミアリーグしか見ない充血くんも、先日のCLでチェルシーを子供扱いする様は恐怖すら感じました☠️

ただ、23試合で25点のレヴァンドフスキが欠場濃厚のため、ホームチームはゴール前にバスを停めて、ロースコアでのドローを目指しましょう。

6試合目 アイントラハト・フランクフルト VS ボルシア・メンヘングラードバッハ

12位と4位の対戦。

直近5試合はホームチームが1勝3敗1分、アウェイチームが3勝1敗1分と調子がいいのはアウェイチーム。

アウェイチームは前節ザカリアが負傷交代で、今節も欠場濃厚か。

フランクフルトは13日のELバーゼル戦を0対3で落としており、公式戦2連敗中、中2日での今節とスケジュールも厳しく、連敗数を増やす可能性が大きいか。

予想はアウェイチームが有利気味の「ドロー」。

7試合目 FCアウグスブルク VS VfLヴォルフスブルク

14位対7位の対戦。

直近5試合のホームチームは4敗1分、アウェイチームは2勝1敗2分。

ホームのアウグスブルクは前節バイエルンに0対2で敗戦後、シュミット監督が解任され、チーム全体がバタバタした状況で今節、気持ちを切り替えて戦うことができるか。

また、失点数が1試合平均2.08点と守備陣がどこまでヴォルフスブルクを抑えることができるか。

一方ヴォルフスブルクは13日のELシャフタール戦を1対2で落として、中2日で今節と厳しいスケジュール。

また、リーグ戦前節のライプツィヒ戦でトップスコアラーのベグホルストが累積警告のため、今節欠場と、得点力不足が心配か。

ということで、「ドロー」予想です。

8試合目 ワトフォード VS レスター・シティ

ここからプレミアリーグ!!

17位と3位の対戦。

直近5試合の成績はホームチームが1勝3敗1分、アウェイチームが2勝2敗1分。

ワトフォードは前々節リバプールを粉砕したが、前節クリスタルパレス相手に攻め込む時間はあったものの、0対1の敗戦。

ヤンマート、デウロフェウが欠場濃厚で厳しい戦いとなりそう。

一方レスターは前節アストンヴィラに4対0の完勝。

やはりエンディディの復帰が大きく、守備ではエバンズとソユンクの対人の強さが目立ち、ヴァーディーが途中出場で2得点、左サイドのバーンズがチートと勢いを取り戻した印象。

予想はアウェイチーム有利の、「ドロー」で。

9試合目 マンチェスター・シティ VS バーンリーFC

現在2位と10位の対決。

過去5戦の直接対決はシティが4勝1分。

ただシティは前節マンチェスター・ユナイテッドに0対2の敗戦。

中盤はやはりデ・ブライネ不在が大きく、ファイナルサードでの崩しが上手くいかなかった印象。

今節もアグエロとともに出場微妙で、大きな不安要素か。

一方のバーンリーは曲者感が漂い、直近5試合ではアーセナルトッテナムなどと引き分けありの2勝3分と負けなし。

今節も上位相手に負けない戦いをできるか、期待を込めて「ドロー」で。

10試合目 ニューカッスル・ユナイテッド VS シェフィールド・ユナイテッド

現在13位と7位の対戦。

直近5試合はホームチームが2勝2敗1分、アウェイチームが4勝1分と調子がいいのはシェフィールド・ユナイテッド

互いにFA杯も勝ち進んでおり、ニューカッスルは守備陣の負傷者が多く、シェフィールドの好調な攻撃陣を抑えられるかが心配。

ということでアウェイチームが有利な「ドロー」で。

11試合目 ノーウィッチ・シティ VS サウザンプトン

20位と14位の対戦。

直近5試合の結果はホームチームが1勝3敗1分、アウェイチームは1勝4敗。

ノーウィッチは残留を目指して今季11得点のプッキを活かすことができるか。

一方サウザンプトンは前節1発レッドのMFジェネポが出場停止、掻き回し役のMFレドモンドも欠場濃厚で、言い方悪いが塩試合の匂い。

下降圏内チームのブースト発動でホームチーム有利の「ドロー」予想です。

12試合目 アストン・ヴィラ VS チェルシー

19位と4位の対決。

このカードは最近の直接対決チェルシーが5勝0敗と得意の相手。

チェルシーは前節エバートン戦4対0の圧勝だったが、今節ジョルジーニョが出場停止、コヴァチッチやカンテ、エイブラハムやハドソンオドイが欠場濃厚で控えメンバーのレベルがガクッと下がるのが不安要素か。

アストン・ヴィラは前節レスター相手に序盤はいい勝負をしていたが、GKぺぺレイナのミスにより緊張の糸が切れたか、0対4の大敗。

ビッククラブが注目のグリーリッシュの活躍が見られるか!?

ってことで、アウェイチーム有利な「ドロー」で。

13試合目 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン VS アーセナル

現在15位と9位の対決。

これは明々白々アーセナル勝利。

予想まとめ

ということで今回の充血くん予想は、

0、0、0、0、0、0、0、0、0、0、0、0、2ということになりました!

優柔不断!?いやいや、ドローを軸に考えると案外当たるかも!?

みなさんも是非チャレンジしてみてください!!

スポーツくじ「toto」|楽しく予想して高額当せんのチャンス!